探偵業務管理者検定の案内

一般社団法人

日本探偵業協会

家庭内の悩みから企業のビジネスの諸問題まで

Japan Detective Association

お気軽にお問合せください

秘密厳守・調査の相談・見積り無料

03-6228-1009

探偵業務管理者検定

事業者の内部管理体制強化や適切な営業活動を促進するために行う検定です。

探偵業務管理者の資格試験を行う趣旨

探偵業の届け出を行った業者は、営業活動が探偵業法やその他の法令諸規則等に準拠し適正に遂行されているかどうか常時監査する等、適切な内部管理を行う必要があります。その為には法令に対する知識と深い理解が求められています。 

関連する各種の法令諸規則等に関する正しい知識と深い理解を有することが必要で、加盟員の内部管理体制強化・教育指導や適切な営業活動を行うのための、主に事業者及び管理職向のものです。

検定の申し込み案内

探偵業務管理者の資格検定は、原則として各都道府県公安委員会へ探偵業の届け出を行った者(法人の場合は役員、個人の場合は事業主、当協会が行う調査士検定合格者)が対象となります。国籍・性別は問いません。 

毎年1回3月の第4日曜日の13時~17時に東京都内で資格試験を実施しております。願書はその年の2月1日~2月末日迄に申請して下さい。(なお定員になり次第受付は終了となります)

  1. 筆記試験(2時間以内 択一式約50問)95%以上の正解を必要とします。(探偵業法及び関連法令の中から出題されます)
  2. 面接試験(関係法令に基づいた具体的な設問形式により行います)講習を含む(2時間内)
試験に必要なもの
  • 筆記用具一式

  • 探偵業の届出証明書原本(コピー可)

  • 印鑑

  • 写真付き身分証明書(免許証又など)

  • 使用している契約書、重要事項説明書など一式

    *合格者は、その年の4月末迄に郵送にてお知らせ致します

なお、筆記試験合格者で面接試験不合格者は次年度に限り、半額の52500円(割引)にての受験が可能です。 

願書の請求費用は10,500円
受験費用は105,000円(合格時の認定証の発行費用を含みます)  

探偵業務管理者の有効期間は3年間ですので、合格後3年経過するまでに、当協会が指定する講習を受ける必要があります。  

なお、探偵業に従事した経験が、5年以上を証明できる方は、筆記試験を免除し面接試験のみにて資格を認定する優遇措置があります。
また、通常期間の受験が困難な方は、状況により個別に試験を実施いたします。 

ご注意

(商標登録済み)

詳しくはこちら

探偵に関しての業務管理者に関する認定又は検定試験の企画・運営又は実施、それに関する知識の教授からセミナーの企画・運営又は開催を行うことができる権利を持っているのは、当協会だけです。ご注意ください。 

他の団体又は事業者の方で、探偵業務管理者検定及びこの商標と同一又は類似する検定などを実施したい方は、必ず、事前に当協会の許可を得てください。

お気軽にご相談ください

日本探偵業協会へのお問合せはこちら

03-6228-1009

電話受付:10:00~20:00(土日祝を除く)

探偵興信所選びは、「一般社団法人 日本探偵業協会 東京本部」までお問合せください。お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

お問合せ・連絡先

お気軽にお電話ください

社団法人 日本探偵業協会

03-6228-1009

TEL 10:00~20:00
メール 24時間受け付け

〒141-0021
東京都品川区上大崎3-3-9

JR目黒駅から徒歩4分

・社員の不審行動の証拠
・浮気や異性関係の調査
・子供の非行防止

・債務者の住所の確認
・配偶者の浮気相手の自宅
・家出人の捜索

・債務者の弁済余力を確認
・財産分与で隠し財産を把握
・企業信用調査

・経歴や背景を確認
・縁談に際しての結婚調査
・反社会的人物とのかかわり

探偵興信所の選び方

調査を考えた時に、注意したい広告宣伝と、その選び方を、説明しています。

消費者センターとの連携

探偵の料金相場アンケート(価格水準を考える資料)

探偵業に必要な書類等

履歴書、従業員名簿、教育計画簿と実施簿など探偵業に必要な書式を公開しています

調査契約関係の書類

重要事項説明書、契約書、誓約書と報告書受領確認書の4点セットなどを販売

事業協力団体